まりろぐ。

31歳主婦が仙台のちっぽけなアパートから叫ぶブログ

「私は母に騙されていた。」カウンセリングを受けて気付いたこと

f:id:manmaru441:20180725164950p:image

 

7月9日(月)、私は心屋カウンセリングを受けました!!

 

カウンセリングを受けるきっかけ

先日、ハチャメチャカウンセラーゆうなさんの心屋カウンセリングを受けた。

 ツイッターでこの企画を目にして、即応募したのがきっかけ!

 

ゆうなさんは、心屋カウンセリングというのを行っていて、心屋仁之助さんの立ち上げた心屋カウンセリングスクールを受講した方です。

高知を拠点に活動しているカウンセラーさんだよ

 

▼参考▼
心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本
心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話: 「あの人」「あのこと」――考えすぎないでいこう (王様文庫)

 

ゆうなさんのカウンセリングは、ずっと受けたいな~~と思ってたの!

今回は、きまぐれ感謝祭と題して、格安でカウンセリングをしてくれるとのことで、即応募したよ~!

 

私の相談内容【すぐ焦る】

私はゆうなさんに「すぐ焦っちゃうんです」って悩みを相談しました。

それからゆうなさんは、私に一番古い記憶はなんですか?を皮切りに、幼少期からの記憶を順々に聞いてくれました。

私の一番古い記憶は5歳の幼稚園時代。

当時住んでいたアパートで1人でおやつを食べてたことかなw(たしか)

 

 

私の幼少期

私の両親は、母は看護師としていつも忙しく働き、父はよく分からない仕事をしてました。父はお金にルーズで、家庭をかえりみないことも多かったです。

そんな父に、母はいつも振り回されてました。

両親のケンカする声を聞くのがすごく嫌だった!って記憶が強く残ってます(笑)

母が夜勤の日には、夜に出勤する母の車をカーテン越しに見てた。車のライトが見えなくなるまで。その夜、父といる時間はすごく嫌だった。

そんな両親の元で育った私は、いつしか

母はかわいそう。
父はダメな人。悪者。

という考えを持つようになりました。

同時に「お母さんを喜ばせたい」「お母さんを困らせないようにしなきゃ」って思うようになった。

幼稚園から今の今まで、そんな家庭環境で過ごしているので、カウンセリングでは父への悪口をゆうなさんに聞いてもらって終わった気がする(笑)

 

でも、それくらい、私は父に対して嫌悪感を抱いているって気づいた。

 

小さい頃の思い出って幼稚園、小学校、中学校とそれぞれの時代のことを思い出そうとしてもなかなか出てこない 。

だからこそ、頑張って思い出してみると、そのときの自分が感じたこと思ったことに改めて気付けたりするんだね。

あと、嫌な思い出は思い出せないってことがあるんだって。

自分が嫌な思い出は、記憶から消そうとするんだって。

 

魔法の言葉

ゆうなさんはカウンセリングの最後に魔法の言葉をくれます。

魔法の言葉は、体が勝手に反応しちゃうとの噂で、とっても気になってました。

そして、体が反応とか嘘でしょーーと半信半疑!

 

てことで、私の魔法の言葉を会話方式でご覧下さい。

 

じゃあ、今から言う言葉を私の後に続けて言ってください。

はい

お母さんを助けなくてもいい

お母さんを助けなくてもいい

ずっと一緒にいて

ずっと・・・一緒にいて・・・

小さいまりちゃんは寂しかったんだね。お母さんを幸せにしなくっちゃって思って頑張ってたんだね。

・・・。

これも言ってみて。「よく頑張ったね

・・・よく・・・がん・・・(言えない)

言えない?

言いづらい

んじゃあ分けて言ってみよう

はい

よく

よく

がん

・・・がん

ばった

・・・ばった

・・・ね

どんな気持ち?

うーん・・・

最後に、これも「お父さんみたいになってもいい

・・・・・・・・・言えな~~い!!

 

 

私は騙されていた。母は幸せだった。

わたしは、ずっと、母は不幸。かわいそう。と思ってました。

だから、母を幸せにしたい!私が母を幸せにしなきゃいけない!母のように頑張らなきゃいけない!と思ってた。

 

でも、違ったんだよね。

 

母は幸せだった。父に苦労をかけられても、お金に困っても、毎日忙しく働いて、苦労している自分が好きだったんだ。

 

そう、いわゆる悲劇のヒロイン。

 

私はそんな、悲劇のヒロインにまんまと騙された。

悲劇のヒロインは、不幸で苦労してる自分に酔いしれて幸せなんだよね。

不幸でもかわいそうでもないんだよ。

ほんとに嫌だったら離婚してるはずだもん。

離婚を選ばないってことは、その生活を自ら選んでるってことだもんね。

自ら選んでるってことは、そのほうが自分は幸せだから選んでるんだよね。

 

あ~~~気付かなかった~~~

 

【スポンサーリンク】
 

 

「焦る」は「ちゃんとしなきゃ!」の裏返し

元々の相談内容「すぐ焦る」っていうのも、そんな両親の影響を受けていることが分かった。

ダメな人がいると、お母さんは大変。

私も寂しい思い、嫌な思いをする。

私はしっかりした人間になろう!

はやくしっかりしなきゃ! 

 

こんな「はやくしっかりしなきゃ!!」気持ちが行動に表れて「すぐ焦る」につながってたんだって、ゆうなさんが気付かせてくれた。

 

カウンセリングは「自分でも知らない、自分の気持ち」を知れるきっかけになった

カウンセリングってヤバイ人が受けるイメージないですか?

精神疾患がある人とかね。
私は、「カウンセリング=悪いところを治す」ってイメージだった。

でも、ゆうなさんのカウンセリングは「自分でも知らない、自分の気持ちを知る」カウンセリングでした。

幼少期の出来事や生い立ちは今の自分につながってる、とゆうなさんは教えてくれました!

私もまったくその通りだったから驚いた。

 

カウンセリングを受けて変わったこと

カウンセリングを受けた翌週、私は1週間実家に滞在した。

それまでは父に対して嫌悪感を抱き、父が何をするのにも厳しい目で見ちゃうことがあった。

でも、カウンセリングを受けたからか、今回はそれが無くなった。

父との間に感じていた壁が撤廃されたような?なんか変な気分。笑

明らかにカウンセリングの影響でてるって感じた!笑

母に対しても、「この人は幸せなんだ」って思えたことで、縛られていたなにかから開放された気分。

私が幸せにしなくてもいいんだ、私だって好きなことしていいんだって思えるようになった。

 

不思議だね。

ゆうなさんいわく、これからどんどん父のようなダメ人間になっていくらしい!

 

私は、母のようにならなきゃ!というのと同時に「父のようになっちゃダメ!」って思っていたので、今回その壁がぶち壊されたことで、ダムが決壊するようにダメ人間になるらしい!!

 

たのしみだ!!w

 

このブログを見て、ピンと来た人はぜひゆうなさんのカウンセリング受けてみてね~!

新発見すること間違いなし!

 

ゆうなさんをチラ見する

ツイッター→ハチャメチャ☆カウンセラーゆうな(@Hacha_Mecha5568)さん | Twitter

ブログ→【高知】心屋カウンセラー・ゆうな